閲覧数:836

淀川に近く自然豊かな中津

中津の町はマンションの建設ラッシュで昨年に御堂筋線中津駅上の世界長ビル跡地建設中だったタワーマンションが完成したり、中津3丁目にも大型のマンションが完成して新しい住民も増えました。中津の町は梅田から1駅で都会かと思いきや淀川があるので自然も多いです。信じれないかもしれませんが、淀川に近い地域では夏から秋にかけては道路をカニが歩いています。
こんな感じです。
kani
拡大するとほら。
kani2
夏に淀川の堤防に行くとたくさんカニがいますが川は危険なので子どもだけで行かないでくださいね。
淀川の干潟で熊手で掘っていると時々イタセンパラもいますか?と尋ねられたりもしますが、淀川は基本的には都島区と北区の境の毛馬の閘門近くにある淀川大堰より下流は汽水域なために残念ながらイタセンパラはいません。淀川と言われてますが、都島区や東淀川区より上流で見られます。

イタセンパラは国の天然記念物や国内希少野生動植物種(種の保存法)に指定され、淀川、濃尾平野、富山平野に分布しています。イタセンパラをはじめとするタナゴの仲間は、イシガイなどの二枚貝に卵を産みつけるという独特な繁殖をします。秋がで産卵期で、雄…

Posted by イタセンネット(淀川水系イタセンパラ保全市民ネットワーク) on 2015年11月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です